[写真]鉢形城跡のエドヒガン桜

鉢形城跡は寄居町にある戦国時代の城跡で、国指定の史跡です。現在は鉢形城公園として堀や土塁などが復元されています。

エドヒガン桜は樹齢150年を超えると推定されています。
根元付近から枝分かれをしており、大きく枝を広げて花を咲かせる姿がとても美しいです。
桜の東側は一段低くなっているため、下から見上げる形の姿も見られます。

見頃は3月下旬から4月上旬頃。ソメイヨシノに比べると開花が早いので、近隣の桜よりも一足先に開花・満開を迎えます。
花の時期には、毎年ライトアップが行われています。

[写真]西側から
西側から

[写真]東側から
東側から見上げた姿

[写真]鉢形城公園
鉢形城公園

アクセス

東上線・秩父線・八高線「寄居駅」下車
 公園入口まで 徒歩約10分(800m)
 エドヒガン桜まで 徒歩約15分(1.2km)

リンク

寄居町役場(開花情報・ライトアップなど)
http://www.town.yorii.saitama.jp/

鉢形城跡-寄居町役場
http://www.town.yorii.saitama.jp/map/hacigatajoumeisho-map.html

関連するページ

秩父路の花

法善寺のしだれ桜 (長瀞町)
法善寺(長瀞七草寺-藤袴の寺)は、春のしだれ桜でも知られています。

長瀞かたくりの郷(長瀞町)
秩父線樋口駅近くのカタクリ群生地。鉢形城の桜が咲く頃に見頃を迎えます。

花桃の郷(東秩父村)
東秩父村大内沢の斜面に広がる「花桃の郷」も同じ頃に開花します。