[写真]秩父線

秩父まつり会館裏周辺の秩父線(秩父鉄道)線路沿いは、SLが走る姿を見るのにちょうどよいスポットです。

また、秩父が舞台設定のモデルとなっているアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(あの花)でも、まつり会館裏などの線路沿いが登場しています。

秩父線「秩父駅」のすぐそばで、改札口を出て左へ進むと徒歩2分ほどで到着します。

[写真]秩父駅方向
秩父まつり会館裏から見た秩父駅方向

[写真]武甲山方向
秩父駅横の踏切付近から見た武甲山方向(正面奥が武甲山)
ここを写真左手へ踏切を渡っていくと、道の駅ちちぶがあります

[写真]秩父線の電車
秩父線の電車

[写真]秩父線の1000系電車と武甲山
昔の風景 1000系電車と武甲山

SLパレオエクスプレス

SLパレオエクスプレスは、春から秋にかけての土休日を中心に、熊谷駅から三峰口駅の区間を1日1往復しています。
(運行日に注意。平日や冬季も、一部の日に運行されます)

秩父駅-まつり会館裏-国道299号踏切-札所15番少林寺前は、線路に沿って車の通行の比較的少ない道があり、SLが走る様子を道路から見ることができます。
まつり会館裏付近からは、秩父駅のホームも見えます。三峰口行の場合、駅を発車しゆっくり加速しながら進んでいく姿が見られます。

往路の三峰口行は、秩父駅の到着が12時7分で、発車は12時15分です。
復路の熊谷行は、隣の御花畑駅を14時31分に発車し、まつり会館裏をその約2分後に通過します。
(※2015年4月時点の土休日時刻。平日運転日は、これより数分早いダイヤです。土休日でも運転しない日があるので、公式サイトでご確認ください。)

なお、小さな踏切では警報機・遮断機のない所がありますので、ご注意ください。

[写真]SLパレオエクスプレス
秩父線のSL「パレオエクスプレス」

「あの花」

アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(あの花)では、秩父まつり会館裏などの線路沿いが登場します。

まつり会館裏では、めんまが柵のところを歩くシーンや、ゆきあつがジョギングをするシーンなどがあります。そのほか、御花畑駅の近くになりますが、パーラーベガス裏の踏切なども登場します。

また劇場版では、めんまを背負ったじんたんが線路を横切る(踏切を渡る)シーンなどがあります。

なお、背景や設定は実際とは異なるところがあります。
ここは秩父線の線路なので、ふだんは秩父線の電車が走っていますが、アニメの中では西武線(西武鉄道)の白い電車になっています。
西武線の電車が走るのは、直通列車のみになります(土休日の場合、1日2往復あります)。
スペシャルドラマ版(実写)では、秩父線の電車が登場しています。

[写真]西武線直通電車
西武線直通電車

[写真]シンシア看板
作中に登場する線路脇の看板
※「あの花」が作られた時とは少し位置が変わりました。

関連するページ

「あの花」聖地巡礼

秩父線 秩父駅

秩父神社

道の駅 ちちぶ