[写真]秩父札所31番観音院

札所31番 鷲窟山観音院は、埼玉県秩父郡小鹿野町飯田にあります。本尊は聖観世音菩薩。

山門には高さ4mほどの石造の仁王尊が祀られています。山門から本堂へは296段の石段「やくよけ階段」が続きます。途中には句碑が並び、十二支霊場(十二支守り本尊像)があります。また、秋にはシュウカイドウ(秋海棠)の花に囲まれます。

階段を上り詰めると、本堂前に出ます。ここには、鐘楼、宝篋印塔、本堂、大師堂などが並びます。
本堂の後ろには覆いかぶさるように岩壁があり、本堂左奥には清浄の滝が流れ落ちています。
また、周囲の岩場には数多くの石仏があります。

観音院には西奥の院と東奥の院がありますが、岩の崩落の危険により西奥の院への道は通行禁止になっています。
本堂から右に行き、大師堂、納経所、新生代第3紀の地層の露頭などを抜けて登っていくと東奥の院です。5分もかからないくらいで行けるので、東奥の院にも行くことをお勧めします。
ここからは本堂付近からは見えにくい場所にある石仏群も眺めることができます。

[写真]山門(仁王門)
山門(仁王門)

[写真]本堂へと続く参道
本堂へと続く参道

[写真]新生代第3紀の地層
新生代第3紀の地層

[写真]東奥の院付近
岩陰には多くの石仏(東奥の院付近から)

アクセス

〒368-0111 埼玉県 秩父郡 小鹿野町 飯田 2211

電車+バス

西武線「西武秩父駅」(西武駅)、または秩父線「秩父駅」から
 西武観光バスの小鹿野線「栗尾」行で終点下車

栗尾バス停からは、山門まで約2.6km。さらに石段や坂道を登り本堂となります。
山門までの岩殿沢沿いの道には、たらちね観音(西晃山光珠院)・大日堂、水子地蔵寺(紫雲山地蔵寺)などがあります。

栗尾バス停へは、西武秩父駅から秩父駅を経由する「栗尾」行バスに乗り、終点下車です。「小鹿野車庫」行のバスは栗尾までは行きません。
また、栗尾バス停は小鹿野町役場-坂本の志賀坂線のバスも走ります。坂本行に接続する小鹿野車庫行に乗った場合は、小鹿野町役場で乗り換えれば栗尾まで行くことができます。
バス停から札所までの距離が長く、バスの本数も限られていますので、ご注意ください。

なお、札所30番や32番との間を徒歩で巡礼されている方は、小鹿野町営バスを組み合わせられれば歩く距離を短縮できます。

小鹿野町の中心部から国道299号線を志賀坂峠・上野村方面に向かいます。
県道37号皆野両神荒川線との「黒海土バイパス前」交差点を過ぎ、1.3kmほど国道を進むと看板があるので、右の道に入ります。200mほど先をさらに右に曲がり、岩殿沢沿いの道を約2.4km進むと山門前の駐車場になります。

リンク

西武バス-栗尾バス停
http://www.seibubus.co.jp/timetable/dia/teiryujo/teiryujo190032.html

小鹿野町(町営バス-時刻表PDFあり)
http://www.town.ogano.lg.jp/menyu/basu/top.html

秩父市(秩父市内路線バスのご案内-小鹿野線の小鹿野町内区間も掲載)
http://www.city.chichibu.lg.jp/menu2056.html

関連するページ

秩父札所